Happy Halloween!

大人が使うハロウィンの言葉!

今日はハロウィン。
楽しみにしているのは子供だけでなく大人も多いでしょう。
高齢者施設でもハロウィンのイベントやパーティをするところもあるようです。

ハロウィンでよく使われる言葉に「Trick or treat!」というものがあります。
ハロウィンの際に子供たちが近所の家を訪問してお菓子をもらう際に使う掛け声で、直訳すると「いたずらするか、お菓子をくれるかを選べ」となります。
「trick」とは「いたずらをする」という意味、「treat」は「お菓子」や「ご馳走」を意味します。


バリエーションとしてユニークなものもありますよ。
・Trick or treat, smell my feet!Give me something good to eat!
(訳)トリック・オア・トリート、私の足の匂いを嗅いでください! 何かおいしいものを食べさせてください!
さすがにお菓子をあげてしまう言葉ですよね。

 

 

子供に「Trick or treat!」と言われたら、こう答えてください。

「Treat!」(子供たちにお菓子をあげる場合)
「Happy Halloween!」(ハロウィンの挨拶)
「Here you are!」(お菓子を渡す時に使う)
「What are you dressed up as?」(子供の仮装を褒める時に)
「That's a great costume!」(子供の仮装を褒める時に)

こう英語で答えを返せる大人はカッコいいですよね。
年に一度のハロウィン、お洒落に決めましょう!

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!