針供養の日

「針」へ感謝する日

今日(2月8日)は「針供養の日」。

2月8日は「事始め」、12月8日は「事納め」と呼ばれる「事八日(ことようか)」とされ、「慎みをもって過ごす日」とされています。

それにより「針仕事を休むべき」とされていたことから、2月8日と12月8日が「針供養の日」となりました。

「針供養の日」は地域により異なり、どちらかの日に針供養が行なわれているようです。

 

 

「折れ、曲がり、錆びて使えなくなった針」を(お祓いや厄除けをして)神社に納める針供養。

9世紀後半には日本の一部にあった針供養の風習ですが、現在も「針仕事をしている人」や「服飾関係(和裁、洋裁)の教育機関・企業」に伝わるイベントとなっています。

 

お祓いや厄除けと聞くと「神聖な行事」と思われがちですが、実際に行ってみるとお祭りのような雰囲気のところが多いです。

コロナの関係で今年は行けないかもしれませんが、コロナが収束したら是非雰囲気を楽しみに行ってみてください。

手元に捨てる針がなくてもOK! 裁縫を数年していない人もOKです!

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!