精神科訪問看護の魅力

精神科訪問看護って???

精神科訪問看護・・・なかなかわかりにくい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

看護師さん=病院というイメージもまだ強く、訪問看護というキーワードですらメジャーではないのかもしれません。

そんな中で「精神科訪問看護」というキーワードはまだまだ周知されていないのではないでしょうか??

 

精神科訪問看護というのは、その名の通り、精神科の訪問看護です。

精神疾患の方へ訪問看護を提供させて頂く・・・精神疾患の方のお宅へ訪問し、看護を提供します。

 

では、実際に何をしているのかという事をお話しします。

不安なことや、悩み、精神疾患における症状など・・・生活していうえでの相談をお伺いして看護上のアドバイスなどをさせて頂いています。

生活の支援においても、精神疾患の方々には必要不可欠であり、掃除や洗濯、家事なども一緒に行ったり、方法を指導させて頂いたりします。

内服などの治療における支援や指導も重要であり、お薬の管理や服用の指導もしております。又、主治医からの治療における支援も行います。

そのほかにも、ご利用者様の個別性に合わせた様々な支援を行っております。

 

「あむ」では、この支援においては、「信頼関係」が大きな柱と考えており、「伝える」が「伝わる」になる関係構築を重要視しております。

ただ支援をするのではなく、信頼関係のもとで援助をしていくことに質があると考えており、スタートは関係構築を優先的に行う事としています。

一般的な病気においては、目に見えやすいものですが、精神=こころの病は目に見えにくいものです。

目に見えにくいものだからこそ、信頼関係をもってなんでも話せる、頼れる「あむ」でありたいと思っています。

 

現代は、このコロナの追い風もあり、こころの疲れが起こりやすい状況です。

自粛・経済の低下・・・沢山の事柄が気づかないうちに心を疲れさせてしまっています。

そんな時こそ、精神科訪問看護の力が必要となります。

心の疲れがあるときは、人の温かさが必要となります。

お話しするだけで気持ちは休まったり、スッキリしたりするものです。

精神科訪問看護では、看護の視点でアドバイス・指導などを行います。

 

心の疲れは、不安を大きくしたり、悩みを深くしたりしてしまいます。

一人で悩まず、専門へ気軽に相談するのが解決の近道です。

 

「精神科訪問看護」という看護があること・・・沢山の人に知ってもらいたいです。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!