子供の将来性アップ?

経験重視! 家事をやらせる子育て

ハーバード大学の75年を超える研究で、『子供は幼少の早期から家事をさせる事で、将来仕事で成功する確率が高くなる』という結論が導き出されたようです。


子供を持つ人は、学歴か経験かを考えると思います。
スタートラインという意味では学歴は重要かもしれませんね。
入社試験や資格試験でも(試験の前提として)学歴を求められることが多くあります。
良い学校へ進学させるために、幼少時から塾通い等で勉強(学習)重視の子育ての親もいます。
ただ、社会に出てからの成功を考えた場合は「経験重視の子育て」が良い…そうです。
「(家事に携わることで)子供は自分の周りにあるやるべき事が見えるようになる。これは、仕事の世界では、チームの中で自分は何をやるべきかというビジョンを持ち、率先してそれを実行することにつながる」との説明です。

 

 

確かに家事をよくやる同級生は(雰囲気や行動が)シッカリしていました。
全体を見ることができていたのかもしれません。
現在は、大卒が多い時代です。
就職の面接時、「幼い頃に家事を手伝っていましたか?」と聞く会社も出てくる可能性も(面接にはいろいろな切り口がありますので)。
子供に「勉強しなさい!」と口煩く言うよりも、掃除をさせる、洗濯物を畳ませる、料理を手伝わせる等、家事の一部を任せるのも(子供の将来を考えた)重要な教育方法の一つかもしれませんね。

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!