会話を弾ませるコツ

話の「聞き上手」は言葉の「返し上手」

「人と話すのが得意じゃない」「話が途切れてしまう」「話が盛り上がらない」

…会話が苦手な人も多いかもしれません。

(黙っていても気持ちが伝わる)というのは気心の知れた身近な人のこと。

その身近な人(夫婦や恋人、友人、親兄弟等)でさえ、気持ちが伝わっていないことが多々ありますよね。

会話をスムーズに行なうためには上手な「聞き役」になることです。

相手が子供でも配偶者でも高齢者でも同じ。

「褒める」「興味を持たれているように感じさせる」、それが会話を弾ませるコツです。

褒められ、興味を持たれて機嫌が悪くなる人はいませんよね。

「聞き上手」といわれる人は、そこが自然と出来ている人なんだと思います。

会話を弾ませたいと思う人は、「さしすせその法則」を実践してみてください。

※砂糖、しょうゆ、お酢…ではありません!

「さ」…さすが。

「し」…知らなかった。

「す」…すごい。

「せ」…センスがいい。

「そ」…そうなんだ。

この言葉通りでなくても構いません。

そのようなニュアンスの言葉を返してみてください。

楽しい会話になりますよ。

ただし、あくまで自然に返すこと。

無理に使うと「誉め言葉」ではなく「褒め殺しの言葉」になりますので。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!