ジューンブライド

幸せになりたい人は・・・

『ジューンブライド』は、「6月の花嫁」「6月の結婚」を意味します。

経験が少ないのでわかりませんが、最近の女性も『ジューンブライド』に憧れるものでしょうか?

 

 

雨が多いから足下は悪い、運が悪ければ台風が直撃する季節でもあります。

6月のイメージは、(ジトジト…)(ムシムシ…)ではないでしょうか?

 

その『ジューンブライド』の言葉の由来は3つの候補があります。

・神様説

最も有力だと言われているのが「ローマ神話の主神・ユピテルの妻である女神ユノを由来とする説」です。

ユノは結婚や出産、育児の象徴とされ、女性や子供、家庭の守護神。

ユノは6月を守る神様で、結婚の女神ユノが守護していることから「6月に結婚すると幸せな結婚生活を送ることができる」と言われます。

・法律説

ヨーロッパでは3月~5月は農作業が忙しい時期でした。そのため、3月~5月の3ヵ月間は結婚が禁止されていました。結婚が解禁される6月に多くのカップルが結婚式を挙げたことが『ジューンブライド』の由来となります(時期や禁止された国は不明)。

・天候説

ヨーロッパでは、6月は1年間で最も雨が少ない時期。天気にも恵まれ多くの人に祝福してもらえることから、「6月に結婚式を挙げると幸せな結婚生活を送ることができる」と考えられた説。

 

理想は、「女神ユノに守られる6月の天気の良い日に結婚する」のがベストでしょうか。

私も(相手が喜ぶならば)6月に結婚しようかなと一瞬考えましたが、その前に相手が…いや、何でもないです!

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!