オーバードーズ

薬物の過剰摂取が社会問題化

「オーバードーズ」とは、「適正な効果」を発揮するための市販薬の用法・用量を守らずに、過剰に摂取すること。
「オーバードーズ」は、「精神的な苦痛から逃れて多幸感を得るため」「自殺」を目的とした行為です。

最近、若者世代で市販薬の「オーバードーズ」が急増しています。
「不安」「葛藤」「憂鬱な気分を和らげる」等の「精神的な苦痛」から逃れるために「オーバードーズ」に走りますが、「疲れやすくなる」「だるくなる」「疲労が回復しにくくなる」「思考力や判断力が低下する」等のマイナス面が非常に大きい行為です。
※「オーバードーズ」を続けると、違法薬物よりもひどい中毒症状が出ます。

9月6日のNHKニュースでも報じられましたが、日本国内で「オーバードーズ」で救急搬送されるのは8割近くが女性、平均年齢は25.8歳だとのこと。
アメリカでも問題となっており、過剰摂取による死亡が年々上昇しています。

 

 

薬を出来るだけ飲まないようにしている私には、30錠を一気に飲むなんて絶対に無理(医師から「何で薬が余ってるのかなぁ?」と怒られますが)。
しかも後々まで後遺症で苦しむ可能性もある行為。
自分の未来や可能性を市販の薬で閉ざすのは残念ですよ。
苦しかったり悩みや不安があれば、家族や友人に話をしてみたり、専門の医療機関に相談してください。
「オーバードーズ」をやるよりも絶対に解決に近づきます。

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!