「マスク着用」の政府見解

「マスク着用」の緩和

「屋外では、周囲との距離が十分とれなくても会話が少なければ、必ずしもマスク着用の必要はない」と後藤厚生労働大臣が見解を発表しました(5月20日夕方の記者会見にて)。

 

屋外では、周囲と2メートル以上の距離が確保できなくても、会話をほとんど行なわない場合は「マスク着用は不要」ということです。

事例として挙げたのは「徒歩通勤」等の、屋外で他人とすれ違うような場合です。

通勤電車の中では、会話をほとんど行なわない場合でもマスク着用を推奨しています。

また、未就学児のマスク着用は求めないとのこと。

 

 

屋外でのマスク着用が減るかどうかは「個人の判断」になりますが、皆さんはどうしますか?

すっかりマスク着用に慣れてしまっているから(当分は着用する)という人も多そうですね。

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!