「スポーツの日」に違和感あり?

他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願います!

東京オリンピック開会式が行なわれた1010日が「体育の日」として制定されたのが1966年(昭和41年)のこと。

2000年(平成12年)から、「ハッピーマンデー制度」が適用され、体育の日は10月の第2月曜日となっています。

「体育の日」という名称も、2020年(令和2年)より「スポーツの日」へと改められました。

※「スポーツの日」ではなく「体育の日」!カタカナが付く名称はおかしい!」…との声があったとかなかったとか…。

その趣旨は、「スポーツを通じて、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」という他者との関わりを視野に入れたものです。

中高年世代にとって「「体育の日」は1010日」というのが体に刻み込まれています。

来年2022年(令和4年)は1010日が「スポーツの日」。

微妙に違和感を感じている世代も、来年の祝日スケジュールに不満はないですよね?

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、

調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!