地域連携広報室

地域連携広報室

地域連携広報室 新着ブログ 10/15

先日の台風19号、甚大な被害をもたらしましたね……。

あむはスタッフ含めて大きな問題はありませんでしたが、皆さんは大丈夫だったでしょうか?

被害に遭われた方々やご家族に心からお悔やみ申し上げます。

 

さて、日本は自然災害の多い国と言われています。

災害による被害を受けた際、「罹災証明書」を発行して貰っておくと被害者支援制度や各種届出に

役立ちます!

発行手数料は無料ですので、余裕を持った枚数の取得をおすすめします!!

罹災証明書の申請前にやって頂きたいのは現場写真の撮影です。

被害の程度を証明する書類ですので、片づけをする前に撮る必要があります。

その際、被害状況が分かるように全景・浸水した深さ・被害箇所とたくさん撮影をしておくと

分かりやすくなります。

ただし、撮影することに危険が伴う場合等は無理をしないようお願い致します!

申請は役所ですることが出来ます。

2週間から1か月が平均的な申請期限ですが、災害によって変わるため

自治体に確認し早めに手続きを行っていただきたいと思います。

 

 

分からない点や疑問に思った点はお気軽にご相談ください。

 

直通での相談先はコチラ♪

 

TEL:新規のお問合せ・ご連絡はこちら♪

MAIL:新規のお問合せ・ご連絡はこちら♪

 

利用者様と看護師の架け橋の役割を担って・・・

地域連携広報部とは

地域連携広報部とは、利用者様と看護師を繋げる仕事を行っております。

関係機関様にご依頼いただいたり、直接ご依頼いただいたりと始まりは様々ですが、利用者様が安心して地域で生活できるようサポートさせていただいております。

また、看護師と共に利用者様のお宅に訪問し、お悩みの相談を受けたりもします。利用者様の良き相談相手となれるよう、日々地域と連携し円滑にサービスを受けていただけるように地盤を固めることが「地域連携広報部」のお仕事です。

 

主な仕事内容

①利用者様とのご契約

初めは緊張されていたり、不安な気持ちがある方が多いですが、優しく丁寧に、そしてわかりやすくご説明いたしますので、ご安心ください。

不安に感じていること、聞いてほしいこと、頼みたいこと、好きなこと。なんでもお話しいただいて構いません。お会いできる日を楽しみにしております。

 

②担当者会議等の出席

利用者様の担当者会議などに参加して今後のサポートについて話し合いをさせていただきます。

関係機関の方はご依頼ください。

 

③通院同行

電車に乗れない方、外に出るのが不安に感じる方はご自宅から車で送迎いたします。

先生から治療に関して説明を受けても、看護師にうまく伝えられないと不安をお持ちの方もいらっしゃいます。その際は診療まで着いていきますので、お気軽にご相談ください。

ご利用料金は一律1時間3000円(税別)となっております。

 

話を聞いてほしい、依頼したい利用者様がいる、相談したいこと、なんでもお気軽にお問い合わせください!

 

その他情報は下記をご覧ください。

精神科訪問看護について

ご利用者様の声

導入の流れ

関係機関の方へ

自立支援医療について