観葉植物

観葉植物

梅雨に入り、気持ちも沈みがちですよね・・・

それもあって最近観葉植物を置きました!!

観葉植物には、鑑賞の他、空気清浄や様々な効果があるそうなです!!

 

空気清浄の効果

1. 空気中の有害物質の吸収

観葉植物にはシックハウス(ビル)症候群の原因となる

有害物質(ホルムアルデヒドやトルエン、キシレン、アセトンなど)を

吸収する力があることを、

アメリカのNASAが発見したそうです。

観葉植物は、私たちが日ごろ生活している職場や、

家庭内での空気をきれいにするだけでなく、

健康被害を抑える役割を持っていることがわかりました。

室内に置く観葉植物の数が多ければ多いほどその効果は大きくなるので、

植物が多い空間に行くと思わず深呼吸したくなるのはその為なのでしょうね。

 

2.マイナスイオン濃度上昇効果

マイナスイオンは心拍の安定、血圧を下げる効果、リラックス効果があり、

心の健康のみならず、体の健康にたいへん良い働きをします。

自然界でマイナスイオンが多く発生している場所といえば森林や滝の周辺で、

プラスイオンの20倍以上の数値が観測されるそうです。

現在マイナスイオンはすべての観葉植物から発生することがわかっています。

観葉植物は葉から水分を蒸発させ、空気中の湿度を上げ、

ほこりやプラズマイオンを吸着させて地面に落とします。

その結果マイナスイオンが残り、

マイナスイオンの濃度が上昇していくことになるそうです!!

 

3.カビ、バクテリアの抑制

観葉植物はフィトケミカルという化学物質を放出し、

空気中を浮遊している人体に有害なカビの胞子やバクテリアを抑制するそうです。

もともとは観葉植物が自身を守るために放出しているのですが、

結果的に私たちの健康も守ってくれています。

観葉植物は二酸化炭素を吸収すると同時に、

人に優しい空気を送り出す、

とても優秀な空気浄化システムなんだと気付かされます。

 

 

空気清浄だけでなく観葉植物の効果

① リラックス効果(心理生理的効果)

② 目の疲れを癒す(視覚疲労緩和効果)

③ 快適な湿度調整(温熱環境調節・快適性向上効果)

④ 森林浴効果(健康物質フィトンチッド放出効果)

⑤ モチベーションアップ(知的生産性の向上)

⑥ ストレスの軽減

 

 

 

空気清浄効果が高く、人気の観葉植物

 

12

 

これらの観葉植物は空気中の有害物質の除去能力が高いそうです。

二酸化炭素を吸収すると同時に、人に優しい空気を送り出す、

優秀な空気清浄器として室内に置いてみるのもいいですよね♪

 

 

2

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!