菊の節句・重陽の節句

菊の節句・重陽の節句

本日9月9日は、五節句のひとつで、

「重陽の節句」(重陽の節供)です。

菊を用いて不老長寿を願うことから

別名「菊の節句」といいますが、

知らない方も多いと思います。

命を尊び、風情溢れる重陽の節句

を楽しむために、行事の由来、内容、

食べものなどについてご紹介します。

重陽の節句(菊の節句)は五節句のひとつです。

五節句とは、

江戸時代に定められた5つの式日

(今でいう祝日)をいい、

1月7日の人日の節句(七草粥)、

3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)、

5月5日の端午の節句、

7月7日の七夕の節句、

9月9日の重陽の節句をさします。

古来、奇数は縁起の良い陽数、

偶数は縁起の悪い陰数と考え、

その奇数が連なる日をお祝いしたのが

五節句の始まりで、

めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、

お祝いとともに厄祓いもしていました。

中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、

陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、

不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

今では五節句の中でも影が薄くなりましたが、

五節句を締めくくる行事として、

昔は最も盛んだったといわれています。。

 

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!