節分

節分

本日2月3日は、『節分』ですね。

『節分』とは、「季節の分かれ目」という意味です。

二十四節気の「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことで、

年に4回あるものでしたが、今では立春の前日だけをさすようになりました。

旧暦では「立春」で冬が終わり、春になって1年が始まる、と考えられていたので、

立春の前日の『節分』は大みそかのように特に大切にされ、行事として伝えられてきました。

『節分』では、『豆まき』をしますが、

『豆まき』は、昔中国で行われていた、鬼追いの「追儺」という行事と、

日本にも古くからあった鬼や邪気を追い払うために豆をぶつける「豆打ち」

という風習とが合わさり、広まったものが豆まきです。

大切な作物だった大豆には、穀物の霊が宿っていて、

その力が悪霊を退ける、と昔の人は考えていました。

炒った大豆を「鬼は外、福は内」と唱えながらまき、邪気を払います。

その後、自分の歳の数のひとつ多く豆を食べて、1年の無事を祈ります。

また、生の大豆を使ってしまうと、投げた後に拾い忘れてしまった豆があった場合に、

豆から芽が出ると縁起が悪いという理由から炒った大豆を使います。

そして、もう一つの楽しみは『恵方巻』ですよね。

恵方とは、その年の一番良いとされる方角のことで、

歳徳神という金運や幸せを司る神様がいらしゃる場所で、

今年は、『西南西』です。

ここで、『恵方巻』の食べ方のルール!

①恵方を向いて食べます。

②恵方巻は一人1本食べる。この時切らずに丸ごと食べます。

③しゃべらず、無言で願い事を心の中で唱えながら、食べます。

皆様も、今日は『豆まき』をし、『恵方巻』を召し上がりますか?

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!