秋の七草

秋の七草

七草には、「春の七草」と「秋の七草」があります。

「春の七草」は無病息災を願って「七草粥」として食べますが、

また正月料理で疲れた胃を休めるものとして、

その風習が今でも続いています。

しかし、秋にも七草があることは意外と知られていません。

「秋の七草」は万葉集にも詠まれた秋の代表的な草花で、

観賞して楽しむ植物です。

秋の七草とは次の7つのことで、秋を彩る植物として親しまれています。

・萩(ハギ)・桔梗(キキョウ)・葛(クズ)

・藤袴(フジバカマ)・女郎花(オミナエシ)

・尾花(オバナ/ススキのこと)・撫子(ナデシコ)

 

萩(ハギ)…「萩」とは「秋に咲く草」という意味です。

お彼岸のおはぎは、この萩に由来しています。

桔梗(キキョウ) …花期は夏なので、夏の着物によく描かれています。

葛(クズ)…茎で籠や布を織り、根から採取したでんぷんがくず粉となります。

漢方薬の葛根は根を乾燥させたものです。

藤袴(フジバカマ…香りが強く、貴族たちは湯に入れたり、

衣服や髪につけていたそうです。別名「蘭草」「香水蘭」

女郎花(オミナエシ)…恋に破れて身投げした女の脱ぎ捨てた山吹色の衣が、

この黄色い花になったという。白い花だと「男郎花(オトコエシ)」。

自然交配種は淡い黄色で「オトコオミナエシ」

尾花(オバナ) …ススキのことです。草が茂っている様子が「薄(ススキ)」で、

穂が出た状態は動物の尾に見立てて「尾花」といいます。

茅葺き屋根の材料として使うので「茅(カヤ)」とも呼ばれています。

撫子(ナデシコ) …愛児を失った親が、その子の愛した花を形見として

撫でたことに由来し、別名「形見草」といいます。

日本女性の代名詞「大和撫子」はこの花からきています。

 

 

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!