秋のお彼岸入り

秋のお彼岸入り

昼と夜の長さがほぼ同じになる「秋分の日(9月23日」を中心に、

その前後3日ずつを合わせた7日間を、『秋の彼岸』と言います。

昔から、仏教の世界では、

「西の方角に極楽浄土がある」と考えられていました。

太陽が真西に沈む秋分と春分の時期は、

亡くなった先祖をしのぶのに最もよい時期とされています。

だんだんと伝統行事が少なくなってくるなか、

秋と春のお彼岸は、夏のお盆とともに、今も大切に行われています。

この時期に咲くことから「彼岸花」といわれるのは、

「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」で、

その美しさと血のような赤色から、

お墓のそばに植えられたそうです。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!