神無月

神無月

早いもので、今日から10月ですね。今年もあと3ヶ月です。

今日では新暦10月の異称としても用いられるますが、

旧暦で10月のことを神無月(かんなづき)と言います。

または、「かみなづき」「かむなづき」とも言います。

でも、あるところでは「神在月」(かみありつき)

逆の意味で呼ばれています。それはなぜでしょうか?

10月は全国の八百万の神様が、

一部の留守神様を残して出雲大社(島根県出雲市)

会議に出かけてしまうと考えられてきました。

その為、神様が出かけてしまう国では神様がいないので「神無月」

反対に出雲の国(島根県)では神様が

たくさんいらっしゃるので「神在月」というわけです。

また、「神無月」の無を”の”と解して

「神の月」とする説もありますが、

「神無月」も「神在月」も、神々が集う大切な月という意味だそうです。

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!