熱中症

熱中症

近年、増加している熱中症。

日常に潜む危険や救急処置など正しい知識を身につけて、

暑い季節も安全に過ごしましょう。

熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、

身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。

また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。

症状が深刻なときは命に関わることもありますが、

正しい知識があれば予防することができます。

熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。

以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。

 

    ~症状~

   1 めまいや顔のほてり

    めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。

    一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

   2 筋肉痛や筋肉のけいれん

    「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合が

    あります。筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

   3 体のだるさや吐き気

    体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを

    伴う場合もあります

   4 汗のかきかたがおかしい

    ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、

    汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

   5 体温が高い、皮ふの異常

    体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの

    症状も熱中症のサインです。

   6 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

    声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。

    または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの

    異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。

    すぐ医療機関を受診しましょう。

   7 水分補給ができない

    呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は

    大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることは

    やめましょう。すぐ医療機関を受診しましょう。

 

   ~予防~ 熱中症は予防が大切です。熱中症は命にかかわる病気ですが、

      予防法を知っていれば防ぐことができます。熱中症を防ぐために、

      日常生活の中では、次のようなことに気をつけましょう。

   (1)暑さを避ける

  屋外では、日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり帽子をかぶったりしましょう。

  また、屋内での熱中症を防ぐため、扇風機やエアコンを適切(設定温度28度以下、

  湿度60%以下)に使ったり、すだれやカーテンで直射日光を防いだりして、

  暑さを避けましょう。

   (2)服装を工夫する

  汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着ましょう。

  また、えり元はなるべく緩めて、熱気や汗が出ていきやすいように通気しましょう。

  太陽光の下では熱を吸収して熱くなる黒色型の衣類は避けましょう。

   (3)こまめに水分を補給する

  暑い日には、知らず知らずのうちに汗をかいているので、

  こまめに水分を補給することが大事です。

  たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで

  水分とともに塩分も補給しましょう。

  なお、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため

  ビールなどで水分の補給はできません。

   (4)急に暑くなる日に注意する

  梅雨の合間に突然気温が上がった日など、

  体がまだ暑さに慣れていないときは暑い日に熱中症が起こりやすくなります。

  暑さには徐々に慣れるように工夫しましょう。

   (5)暑さに備えた体づくりをする

  日頃からウオーキングなどで、汗をかく習慣を身につけておくと、

  夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもなりにくくなります。

   (6)個人の条件を考慮する

  熱中症の発生には、その日の体調が影響します。

  前の晩に深酒をしたり、朝食を抜いたりした状態で暑い環境に行くのは

  避けましょう。

  風邪などで発熱している人や下痢などで脱水症状の人、

  小さい子どもや高齢者、肥満の人、心肺機能や腎機能が低下している人などは

  熱中症を起こしやすいので、暑い場所での運動や作業を考慮する必要があります。

 

  以上に気を付けて熱中症を防ぎ、暑い夏を乗り切りましょう

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!