海の日

海の日

7月15日(月)は、海の日です。

初めて汽船を使い帰着した記念すべき日として定められていた『海の記念日』。

これが長年に渡る多くの人の訴えかけにより『海の日』という国民の祝日になったということです。

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」

という趣旨で設けられました。

 

 

海の日は海に囲まれた島国である日本ならではの祝日であり、

他の国にない唯一のものだそうです。

海の日のはじまりは、

1941年(昭和16年)に7月20日が「海の記念日」として制定されたことです。

7月20日が選ばれたのは、

明治天皇が明治9年東北ご巡幸の帰途、灯台視察船「明治丸」で、

青森から函館を経て横浜にご安着された日に由来しています。

何度か7月20日を祝日にする運動が行われ、署名運動などもされたこともあり、

1995年(平成7年)に「海の日」として、7月20日が祝日として制定されました。

後の2003年(平成15年)から、

国民の祝日に関する法律が一部改正されたことにより、

海の日は7月20日から7月の第3月曜日に変更になりました。

「海の日」は現在7月の第3土曜日ですが、

「海の記念日」はいまも7月20日のままです。

2019年の海の日は『7月15日(月)』です。

2002年までは毎年7月20日だったのですが、

翌2003年からハッピーマンデー制度により『7月の第3月曜日』となりました。

(ハッピーマンデー制度とは、

「月曜日に祝日を固定することで土日と合わせて三連休となるようにしよう」

という旨の制度です。)

 

その元となった海の記念日は150年近く前の出来事が由来となっていますし、

祝日化するまでに何十年という年を経ている事がわかりました。

そう考えるととても歴史が深い祝日なんですね。

現在、海の日に因んで各地で色んなイベントが行われているので、

それに参加して楽しんでみるのもいいでね♪♪

 

 

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!