歯と口の健康週間

歯と口の健康週間(6/4~6/10)

6月4日といえば虫歯予防デーです。

皆さまは日頃、歯について考えていますか?

歯と口の健康週間は、

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が

実施している週間です。

1928年(昭和3年)から1938年(昭和13年)まで

日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」

を実施していました。

1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)まで「護歯日」、

1942年(昭和17年)に「健民ムシ歯予防運動」としていましたが、

1943年から1947年までは中止されていました。

しかし、1949年(昭和24年)、

これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。

1952年(昭和27年)に「口腔衛生強調運動」、

1956年(昭和31年)に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、

1958年(昭和33年)から2012年(平成24年)まで「歯の衛生週間」、

そして2013年(平成25年)より「歯と口の健康週間」になっていますが、

6月4日=虫歯予防デーという認識は現在も残っているようです。

この週間は、歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに

、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、

併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、

もって国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。

虫歯は日本人の多くが悩まされているものであり、

虫歯のよる痛みや治療の恐怖から避けるためにも、

普段から歯の健康を意識し、予防はしておきたいですよね。

虫歯予防デーをきっかけとして、

改めて虫歯対策について考え直してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!