昨日は・・・

昨日は、『冬至』でした!

昨日は、『冬至』でしたね。

『冬至』とは・・・二十四節気のひとつで、

12月22日~23日頃をさします。今年は22日でした。

1年でいちばん昼が短く、夜が長い日で、

次の日からは、少しずつ昼の時間が長くなっていきます。

昔から冬至は、「太陽がよみがえる日」だと信じられていました。

冬至にむかって、日は短くなっていきますが、

昔の人は「太陽の力が弱くなる時、人間の魂も衰える」

と考えていたのです。

しかし、「冬至を過ぎれば太陽はよみがえり、人間の魂にも精気が戻ってくる」

とされていました。

そこで、この季節に旬のかぼちゃやあずきなどを食べて力を回復し、

冬至を乗り越えようとした習慣が、今も残っているのです。

 

冬至には、「ゆず湯」にも入る習慣がありますね。

ゆず湯は、最も寒さが厳しくなるこの季節、

ゆずを浮かべたお風呂に入って温まれば、

風邪をひかないといわれてきました。

 皆さまは、昨日かぼちゃ召し上がりましたか?

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!