小正月

小正月

元日から7日までを「大正月」と呼ぶのに対し、

15日を中心にした数日間は『小正月』と呼ばれます。

大昔、日本では満月から満月までを1か月と考え、

15日を月の初めとしていました。

新しい暦が取り入れられ、1日が正月とされてからも、

古い暦が生きていて、

15日も(満月の)正月として祝われてきました。

今でも、この時期は、色々な行事が行われています。

 

あずき粥・粥うらない…小正月にあずき粥を食べ、

1年の健康を祈願する風習です。

また、年の初めに粥を炊いて、

その状態からその年の作物の出来を占う

「粥うらない」も行われます。

どんど焼き(とんど焼き)…正月飾りや書き初めを集めて焼く行事です。

煙に乗って、年神さまが

天に帰っていくと言われています。

この時焼いた餅などを食べると健康になる、

などの言い伝えもあります。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!