宇宙

宇宙

皆さま、本日9月12日は『宇宙の日』だそうです。

果てしなく続く宇宙は、神秘的でもあり、

未知の世界でもあり、人を魅了するところでもあります。

宇宙について調べても、

広がり続ける宇宙を調べ尽くすことはできないでしょう。

そんな宇宙について考える日が今日です。

1992年世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという年、

国際宇宙年(ISY)でした。

「宇宙の日」はこれを記念して制定され、

一般の方々からの公募により、

毛利宇宙飛行士がスペースシャトルで

宇宙へ飛び立った日である9月12日となりました。

ちなみに’92年の読み方と9月12日の読み方は同じ九十二で、

日本語の語呂合わせになっています。

日本でも、この国際宇宙年をきっかけに

末永く宇宙の普及活動を行うこととなり、

以降「宇宙の日」を記念した記念行事を毎年実施しています。

記念行事として、青少年向けイベント「ふれあいフェスティバル」や

「作文・絵画コンテスト」を開催しているほか、

各事業所の施設を一般の方々に公開しています。

また、 「宇宙の日」と「世界宇宙週間」を含む

9月初旬から10月上旬までを「『宇宙の日』ふれあい月間」とし

集中していろいろな宇宙関連行事を行うことになっています。

皆さまは、宇宙には興味がありますか?

行ってみたいと思いますか?

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!