夏の入浴方法

夏の入浴方法

ムシムシする梅雨、そして暑い夏。これからの時期はお風呂を避けて、

ササッとシャワーだけにする人が増えます。でも実は蒸し暑いこの時期こそ、

湯船につかるようにすると、「寝つけない」「眠れない」解消に役立つ、

というのをご存じでしたか?また、夏風邪をひきにくくしてくれたりします。

それは、体温を上げると、上がった体温を下げるときに、

心地の良い眠気を誘発する作用がある為です。

また、湯船につかることでダルさや疲労回復にも効果があります。

夏特有の冷房による冷えや肩こりを改善し、腰痛など身体の不調を軽減してくれるため、

夏こそ湯船につかるようにしましょう。

屋外の気温や湿度が高くなり、服装は肌の露出が増えていく一方で、

電車やオフィス、お店の中は逆にどんどん冷房が強くなります。

こうした環境は体にとって大きなストレスです。

自律神経の機能が低下し、体温調節障害や血行障害を生じる場合もあります。

とくに冷房が効いている室内に長時間いると、血行障害が生じ、

手足や腰の「冷え」につながります。その結果、寝つきにくくなる、

体のだるさを感じるなどの「夏バテ」の症状があらわれることも・・・。

そこでこの時期は、布団に入る1~2時間前に、

40℃以下のぬるめのお湯に10〜15分つかってみることをおすすめします。

ぬるめのお風呂には、副交感神経を優位にし、

気分を落ち着かせて心地よい眠りに誘ってくれる作用があります。

また、人間は体の芯の体温(深部体温)が下がる時に眠りに入りやすくなります。

就寝の1~2時間前にお風呂につかっておけば、寝る頃にはちょうどよい体温まで下がり、

心地よい眠りが期待できます。

ただし、寝る直前にお風呂に入ってしまうと、

就床時までに体温が下がらずに、逆に寝つきにくくなってしまうのでご注意下さい。

この方法は寝苦しい暑い夜の対処法としてもおすすめです。

冷房による冷えは「部分浴」で解消してぐっすり度をアップ!

冷房などによる「冷え」が気になるときには、

37℃前後のぬるめのお風呂に長めに入り、体を温めましょう。

「暑い時期はお風呂につかる気がしない」という方でも、

ぬるめのお湯にみぞおちくらいまでつかる「半身浴」なら、

お風呂上がりも過剰に汗が残らずさっぱりできます。

もっと手軽に体を温めたいというときには、「手浴」を行うのも一案です。

洗面器や洗面台のシンクに42~43℃くらいのやや熱めのお湯を張って、

服は着たまま手首の上まで、できればひじまでお湯につけます。

お湯につけた部位で温められた血液が全身を巡るので、

15分くらいで全身が温かくなります。

途中でお湯がぬるくなったら熱いお湯を足しましょう。

 

汗を少し流したいときには、シャワーのみがおすすめですが、

やはり健康の事を考えたらきちんと夏でも湯船に浸かった入浴をしたいですね。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!