和菓子の日ってあるんです!

和菓子の日ってあるんです!

6月16日は、『和菓子の日』だそうです。

嘉祥元年(848年)6月16日、仁明天皇が16個のお菓子などを神前にお供えして、

病気がなくなり、健康で幸せに暮らせるように祈ったという、「嘉祥菓子」の故事に由来し、

この日に和菓子を食べるという習慣が、江戸時代まで続いていたそうです。

この習慣の復活を願って、また美しい日本の四季と歴史の中で育まれてきた

「和菓子」の素晴しさを楽しみ、後世に伝え残していこうという趣旨で、

昭和54年(1979年)に全国和菓子協会が定めました。

6月といえば、鬱陶しい気候で夏バテならぬ梅雨バテになってしまい食欲も減退しがちなシーズンですが、

この時期、京都を中心に「水無月」という和菓子が広く食べられています。

ういろうの上に甘い小豆を載せた三角形の和菓子である水無月は、

「夏越しの祓」に氷室から氷を切り出し食べた宮中の風習に因んだもので、

氷が貴重だった時代、白いういろうを氷に見立てたのが由来なんだそうです。

その『夏越しの祓(なごしのはらえ)』とは、

6月30日に神社で行われる、暑い夏を無事乗り越えられるよう、

無病息災を祈るという日本の伝統的な行事だそうです。

一度食べてみたいですね!

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!