千歳飴

千歳飴

11月15日は、七五三ということで、

今回は『千歳飴』について調べてみました!

『千歳飴』とは?

子どもの健やかな成長と長寿を祈る気持ちを込め、

それにあやかり長い飴の棒がつくられたと言われています。

色は縁起の良い紅白が多いです。

徳川秀忠の時代、浅草の飴売り商が

「千歳飴」という名で売り歩いたのが始まりとされています。

名前にもなっている「千歳」という言葉は

「千年」を表しているため、「長い」「長生き」「めでたい」等

良い言葉とされていました。

鶴や亀など、おめでたい絵柄の長い化粧袋に入れるのが一般的です。

ここにも長寿への願いが表れていますね。。

年齢の数だけ飴を入れるといいとされているそうです。

金太郎飴のように断面の絵柄の入った物もあります。

当時砂糖は高級食材であり飴はめったに食べられるものではなかったため、

「美味しい物を食べさせてあげたい」といった想いもあったのではないのでしょうか。。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!