処暑

処暑

 毎年8月23日頃にカレンダーには「処暑」

と書かれているのを見かけます。

読み方は「しょしょ」とよみます。

「頃」となっているように、毎年決まった日に

固定されているのではないそうです。

この処暑は二十四節気のうちの一つで、14番目になります。

二十四節気というのは、一年を24に分けて、

季節に関する言葉が付けられています。

秋分や冬至、立春などは聞いたことがあると思いますが、

これらも二十四節気の仲間です。

立秋(りっしゅう)8月7日頃

→処暑(しょしょ)8月23日頃

→白露(はくろ)9月7日頃

と順番になります。

また、処暑である8月23日頃から、

次の二十四節気の白露(9月7日頃)

の前日までの期間を指すこともあります。

処暑とは夏の暑さがおさまってくるという意味です。

夏の暑さもピークを過ぎて、徐々にやわらいでくる時期です。

また、台風が多い時期でもあります。

また、この時期に「二百十日(にひゃくとおか)」を迎えます。

二百十日は雑節の一つです。言葉自体はよく耳にするかもしれませんが。

雑節というのは二十四節気のように

中国から来たものではありません。

日本の季節の移り変わりをとらえやすくしたもので、

農業の方たちの目安となってきました。

二百十日というのは、立春(2月4日頃)が数え初めの日となっています。

二百十日は9月1日頃になります。

台風などにより天候が悪くなってくるので

開花した稲など農作物に対して注意を喚起するという意味もあるようです。

夏の暑さも徐々にやわらいでくる時期になりましたが、

まだまだ残暑厳しいので皆さま体調管理には気をつけてください。

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!