今日は…?

今日は…?

『今月今夜の月の日』

小説家・尾崎紅葉の著作『金色夜叉』の中で、

主人公・貫一と交際していたお宮が

結婚を間近にして富豪・富山唯継のところへ嫁いでしまうことに。

貫一を裏切った恋人・お宮に対して、

貫一は静岡県・熱海市の海岸にて、

いか、宮さん、一月の十七日だ。』

来年の今月今夜になつたらば、

僕の涙で必ず月は曇らせて見せるから

と言い放ち、足蹴りにして別れを告げる場面があります。

このことから、1月17日の夜が曇り空になることを

『貫一曇り』

呼ぶようにもなっております。

また、小説の舞台となった静岡県熱海市・熱海サンビーチ付近には、

同場面を表現した貫一お宮の像がある他、

記念碑が建てられたことにより呼ばれるようなった、

近くで育っていた松「お宮の松」

も現存しております。

そして、例年1月17日には熱海市にて尾崎紅葉祭が開催されており、

同小説を元にした演劇等が催されております。

皆さまは読まれたことはありますか?

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!