今日から7月です

今日から7月です!

早いもので、もう7月です。令和になって2カ月が過ぎました。

7月(しちがつ、なながつ)はグレゴリオ暦で年の第7の月に当たり、31日あります。

日本では、旧暦7月を文月(ふづき、ふみづき)と呼び、

現在では新暦7月の別名としても用いています。

文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、

書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっていますが、

しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものです。

そこで、稲の穂が含む月であることから

「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もあります。

また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もあります。

英語での月名 July は、ユリウス暦を創った共和政ローマ末期の政治家、

ユリウス・カエサル(Julius Caesar)からとられました。

カエサルは紀元前45年にユリウス暦を採用するのと同時に、

7月の名称を「5番目の月」を意味する “Quintilis” から自分の家門名に変更しました。

 

異名

おみなえしづき・をみなえしづき(女郎花月)、けんしんげつ(建申月)、

しんげつ(親月)、たなばたづき(七夕月)、とうげつ(桐月)、ななよづき(七夜月)、

はつあき(初秋)、ふづき(七月・文月)、ふみひろげづき(文披月)、

めであいづき(愛逢月)、らんげつ(蘭月)、りょうげつ(涼月)

「7」や「七」は「しち」の他に「なな」とも呼称しますが、

歴史的には「しち」の方が古いそうです。

「七」の大字に「質」や「漆」が遣われるのも

「七」の読みが「しち」であることに因んでいるそうです。

これらの経緯から日本では伝統的に「しちがつ」と呼称されてきましたが

近年では「1月(いちがつ)」と聴き違うという理由から、

わざと「なながつ」と呼称する人が若者を中心に増えてきており、

政府の公式発表時においても「なながつ」と呼称することがあります。

 

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!