乾燥トラブル

乾燥トラブル

湿度く乾燥する冬ですが、

乾燥は、肌荒れや風邪をはじめとするさまざまなトラブルの原因となるため、

日頃から乾燥対策を実践していきたいものです。

では、乾燥によってどのようなリスクがあるのか、

また乾燥しやすい室内環境の例や、

乾燥予防となる生活習慣に取り入れやすい対策を紹介していきます。

~乾燥によるさまざまなトラブル~

まずは、乾燥が原因となって引き起こされやすい症状についてです。

●肌トラブル
空気が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、水分が蒸発しやすい状態となってしまいます。
皮膚の新陳代謝であるターンオーバーに必要な水分も逃げてしまうため、
肌荒れを起こしやすくなるのです。
●風邪
空気が乾燥するほど、風邪のウイルスは活発化します。
肌と同じく、乾燥によって鼻や喉の粘膜も水分を失って乾燥しやすくなり、
風邪ウイルスが侵入しやすい状態になるため注意が必要です。
●脱水症状
夏に発症しやすいと思われがちな脱水症状ですが、
乾燥するシーズンも気を付ける必要があります。
皮膚からは水分が蒸発しており、体内の水分は減少していきます。
また、呼気にも水分は含まれるため、呼吸をする度に水分は失われているのです。
冬場は夏ほど汗をかかないため、水分補給も怠りがちですが、
皮膚から蒸発したり、呼吸によって失われたりした分の水分をきちんと補給しないと、
脱水症状に陥る可能性があります。

寒い季節に乾燥対策をせず過ごすと、肌荒れや風邪のリスクが高まり、

思わぬトラブルが起こるおそれがあります。

 

明日は、乾燥トラブルの予防法についてお話しします。

お楽しみにしてください!

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!