乾燥トラブルの予防法

乾燥トラブルの予防法

本日は、乾燥しやすい室内環境の例や、
乾燥予防となる生活習慣に取り入れやすい対策を紹介していきます。
~乾燥トラブルを予防するために実践したい生活習慣~
乾燥トラブルを予防するには、日常的に対策をとる必要があります。
毎日の生活習慣に取り入れやすい乾燥対策は、次のようなものです。

 

●部屋の加湿

気密性が高く、エアコンによって空気が乾燥しやすい現代の住宅は、

室内の湿度を保つ工夫が求められます。

例えば、加湿器を使用したり、観葉植物を置いたりしてもいいでしょう。

 

●熱いお湯の長風呂は避ける

熱いお湯のお風呂に長時間入ると、肌の表皮の皮脂が溶かされてしまいます。

その結果、角質層の水分量が減り、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

お湯は40℃以下に設定し、入浴後はクリームなどの保湿アイテムを使って

肌の乾燥を予防しましょう

 

●マスクの着用

マスクを着用すると、呼気によって湿気がマスク内にとどまるため、保湿効果が得られます。

加湿器のない場所や屋外では、マスクを着用することで喉の乾燥を防ぐことができるでしょう。

また、起床時の喉の渇きが気になるときや、鼻が詰まって呼吸がしにくいと感じるときは、

就寝時にマスクを着用するのが◎。

最近は乾燥予防に特化した「濡れマスク」も登場しています。

 

●日々の洗顔や化粧品にも配慮する

洗浄力の強い洗顔料で過度に洗顔をしていると、

肌に必要な皮脂もはがれ落ちてしまい、乾燥肌の原因となります。

化粧品の場合も、肌のバリア機能を破壊して保湿力を低下させる「合成界面活性剤」が

含まれる製品の使用は、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

●水分補給

喉の乾燥対策としては、こまめな水分補給がおすすめです。

寒い季節に冷水を飲みすぎると内臓を冷やしてしまうため、

常温またはぬるめの水を飲むようにしましょう。

●規則正しい生活習慣

食事・睡眠・運動をはじめとする規則正しい生活習慣を心掛けることも大切です。

乾燥肌を予防するために効果的な生活習慣は次のようなものが挙げられます。

●乾燥肌を予防する栄養素をとる
日々の食事による栄養バランスが、健康的で潤いのある肌づくりにもつながります。
乾燥肌を防ぐためには、肌のターンオーバーを正常にさせ、潤いを維持することが大切です。
ターンオーバーを活発化させたり、皮膚に潤いを持たせたりする栄養素である
たんぱく質やビタミンA、ビタミンB群、
肌の新陳代謝を活発にしてバリア機能を高めるビタミンE、
コラーゲンの合成を促進させるビタミンCを、積極的にとるようにしてください。
●質の良い睡眠をとる
肌のターンオーバーは、睡眠中に行われます。
肌の正常なターンオーバーを促進し、乾燥肌予防にもつなげるためには、
十分な睡眠、質の良い睡眠をとることを意識しましょう。
●適度な運動をする
適度な運動をして発汗することで、肌に水分が補われます。
適度な汗によって、肌を保湿して守る働きがある「皮脂膜」が、正常に作られるのです。
また、運動は血流を促進し、肌の隅々まで栄養成分が
行き届くことも助けるため、角質層の正常な形成にも効果的です。

 

寒い季節に乾燥対策をせず過ごすと、肌荒れや風邪のリスクが高まり、

思わぬトラブルが起こるおそれがあります。

毎日の暮らしに意識的に乾燥対策を取り入れて、健康的に過ごせるようにしましょう。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!