中秋の名月

中秋の名月

本日は『中秋の名月』、別名『十五夜』です。

今日は、中秋の名月についてお話をします。

中秋の名月とは…むかし(旧暦が使われていたころ)は、

7月から9月までが「秋」とされており、

真ん中に当たる8月は『中秋』と呼ばれました。

この月の15日(十五夜)の夜に出る満月は『中秋の名月』と言われ、

収穫を祝ってお供えをし、月見をする風習がありました。

これは平安時代に中国から伝わり、次第に広まっていきました。

秋の収穫が始まる頃とも重なり、

「お月見」の行事には、収穫祭の意味も込められています。

現在では、9月後半から10月初め頃に当たります。

今日皆様は、お月見しますか?

きれいな満月が見れるといいですね!

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!