七草粥

七草粥

春の七草とは、1月7日の朝にお粥にして食される7つの植物をさします。

また、そのお粥を七草粥と呼びます。

昔の中国ではこの日に7種類の野菜の汁物を食べて、

健康を願う風習がありました。

日本にはもともと、15日に7種類の穀類を粥にして食べる習慣があり、

このふたつが合わさって、七草粥を食べる様になったといわれています。

「若菜から力を貰って、病気を防ぐ」という意味があります。

ちなみに七草は、

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」

の七つです。

七草をすべて合わせると約12種類の薬膳効果があり、

含まれるビタミン・ミネラルは約7種類です。

健胃効果・食欲増進・利尿作用・二日酔い解消・解熱・去痰・咳止め・

気管支炎予防・扁桃腺炎予防・肝臓回復効果・そばかす予防・あかぎれ予防・

心の安定効果などが期待されています。

食べ過ぎやすいお正月という時期、

または冬という風邪の多い季節にはうってつけの食材というわけです。

皆さまは召し上がりますか?

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!