七夕

七夕

7月7日は『七夕』ですね。

七夕は、桃の節句や端午の節句と同じように、中国から伝わった五節句の一つで、

七夕(しちせき)の節句と言います。

七夕は、中国伝来の「七夕伝説と「乞巧奠(きっこうでんに、

日本古来の「棚機つ女の伝説や、「お盆前の清めの風習などが結びついて、

現在のようなかたちになりました。

古来より、日本には棚機つ女(たなばたつめ)の伝説がありました。

棚機つ女とは機織りをする女性のことです。

布を織って神様に供えることで、災厄を避けるという伝説です。

この「たなばたつめ」と、五節句の「七夕(しちせき)の節句」をミックスさせることで、

「七夕」を「たなばた」と読むようになりました。

 

では、七夕に何を食べる?

七夕の日には、五色の具をそえた「七夕そうめん」を食べる風習があります。

七夕そうめんのルーツは、「中国の索餅(さくべい)というお菓子」

織姫にお供えした「五色の糸」だということだそうです。

七夕にそうめんを食べる風習は、古代中国の索餅(さくべい)という食べ物が由来しています。

索餅(さくべい)とは、小麦や米粉を練って縄の形にして揚げたもので、

現代でいうと、かりんとうのようなお菓子のことです。

この索餅(さくべい)というお菓子がそうめんの元祖で、

時代とともに「さくべい」→「さくめん」→「そうめん」と、

その呼び方も変化していきました。

では、なぜ索餅(さくべい)を七夕に食べる風習が根づいたのか?というと・・・

中国の故事が関係しています。索餅(さくべい)を七夕に食べた理由は、

その昔、中国の皇帝の子どもが七月七日の日に亡くなってしまいました。

その直後から熱病の病がはやるようになり、

人々はその子の悪霊の仕業ではないかと恐れるようになります。

そして霊をしずめるために、生前その子が好きだったお菓子(索餅)をお供えすると、

病気の流行がおさまりました。このことから、

『七月七日に索餅(さくべい)を食べると無病息災で過ごせる』

と考えられるようになったとの事です。

 

また、7月7日は『そうめんの日』です。

1982年(昭和57)年から、全国乾麺協同組合連合会が、

7月7日をそうめんの日と制定して、

古来から伝わる伝統ある行事食をもっと日本全国に浸透させようとしてくれています。

7月7日は、そうめんを是非食べましょう。。。

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!