七五三

七五三

11月15日は『七五三』です。

『七五三』は、子供の成長を神様に感謝し、

将来の無事を祈って、神社にお参りをする行事です。

室町時代から武家社会では、子どもの成長のお祝いとして、

いくつかの儀式が行われていました。

それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置」の儀式(3歳)、

初めて袴をつける男の子の「袴着」の儀式(5歳)、

それまで着ていた紐の着物からおとなの帯を締める、女の子の「帯解」の儀式(7歳)です。

これらの儀式が広まり、『七五三』となりました。

今でも、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で、

『七五三』のお祝いをします。

「七、五、三」の数で祝うのは、

「奇数は縁起が良い」という中国の考え方からきたものです。

この節目に成長を祝うことで厄をはらう、と意味がありました。

江戸時代に、のちの5代将軍徳川綱吉が、

無事に5歳になったお祝いを11月15日におこなったことから、

この日になったといわれています。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!