フローレンス・ナイチンゲール記章

フローレンス・ナイチンゲール記章

フローレンス・ナイチンゲール記章とは、赤十字国際委員会が看護に功労のあった、看護師及び応急手当において著しい貢献をした篤志看護補助者などを対象に授与される記章です。

2年に一度、顕著な功績のあった看護師等に贈られる世界最高の記章であるフローレンス・ナイチンゲール記章の受章者が、ナイチンゲールの生誕の日の5月12日、赤十字国際委員会ナイチンゲール記章選考委員会(スイス)から発表されました。

今回の第47回は世界19カ国29名が受章し、日本からは竹下 喜久子さん(69)、秋山 正子さん(68)が受章しました。

竹下さんは、国内外の災害救護活動への画期的な取り組み及び医療施設の看護師への実践教育などの功績が認められ、秋山さんは、がん患者への訪問看護実践の経験から地域住民が誰でも、いつでも気軽に利用・相談できる環境整備、地域の保健活動の先駆性が認められました。今回の受章により、受章者総数は1517人となり日本からの受章者は110名となりました。

 

でも、

名もなき、全ての看護師さんへ「感謝の表彰状」を贈りたいです!

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!