インフルエンザの予防

インフルエンザの予防

毎日できる予防法をご紹介します。

まずは、インフルエンザウイルスの進入を防ぐことが大切です。

(1)正しい手洗い・うがい

手は普段いろいろな物に触れる機会が多く、

手から口・鼻・目・皮膚等あらゆるところに再び触れることで

病原体を媒介しやすいため、手洗いは非常に大切です。

ウイルスの体内侵入を防ぐため以下のことを心がけましょう。

・外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗う

・ウイルスは石けんに弱いため、次の正しい方法で石けんを使う

(2)ふだんの健康管理

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、

感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。

ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、

免疫力を高めておきましょう。

(3)予防接種を受ける

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、

中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。

インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、

また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。

※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

(4)適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

(5)人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、不要不急のときはなるべく、

人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

「インフルエンザかな?」と思ったら、早めに医療機関で受診し、安静にしてください。

皆さま、ご自愛ください。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!