アドラー心理学

勇気づけとはどんな技法か

 

アドラー心理学の勇気とは「困難を克服する力」のこと。

人間の悩みはすべて人間関係。

自分自身に活力を与えれば、人間関係を楽にとらえられるようになるのです。

 

そして、自分を勇気づけられる人は、他者も勇気づけることができます。

つまり、自分を勇気づけられれば対人関係の困難は克服できるのです。

 

そんな勇気づけは「目的意識を持ってポジティブに考えること」から生まれます。

 

 

 

自分を勇気づけるための心の持ち方

自分を勇気づけるためには、まず過去のことを1度保留にして、未来に目を向ける目的思考が重要です。

 

目的思考では、相手との共同の目的を考えます。

その目的の中で、自分ができることを考え、実行するように心がけましょう。

 

また、悲観的に考えることをちょっと休めてみましょう。

悪い未来を想像しても、現実はよくなっていかないのは明らかですよね。

楽観的になることで、前向きになれます。

 

そして笑顔を忘れないようにしましょう。

笑顔は、周囲だけでなく自分も元気にします。

 

 

私は落ち込んでいる時に、この記事を読み考え方が変わり元気をもらえました!

皆さんの心にも響くと幸いです。。。

 

あむ訪問看護ステーションでは、エリア拡大につき、看護師・准看護師を募集中!!

是非とも「あむ」で一緒に働きませんか?

職員募集はこちら!

お仕事Q&Aはこちら!

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。

 

世田谷エリア・調布エリアにてご新規様受付中です!!

TEL:03-6304-3090

FAX:03-6304-3091

ご連絡お待ちしております。