アジサイの名所

アジサイの名所

昨日は、6月といえば…花編でアジサイのお話をさせて頂きましたが、

今日は実際にアジサイを見れる場所は?ということで、アジサイの名所を調べてみました。

有名なのは、東京都文京区にある、「白山神社(はくさんじんじゃ)」です。

948(天暦2)年に創建された神社で、都心のあじさい神社として親しまれています。

例年6月にはピンク、青、紫、白など、色とりどりの約3,000株のあじさいが見頃を迎え、

開花中には、文京花の五大まつりのひとつ「文京あじさいまつり」が開催されるそうです。

見頃は6月上旬~6月中旬で、週末を中心にイベントが開催され、

終日多くの花見客で賑わっているそうです。

そして東京都大田区にもありました!

東急多摩川駅から徒歩1分ほどの場所にある「多摩川台公園」です。

多摩川沿いの丘陵地にあり、晴れた日には富士山や丹沢の山並みを一望できます。

園内の「アジサイ園」には7種約3,000株のあじさいが植えられ、

6月上旬~6月中旬の見頃の時期には紫、青、白、ピンクに咲く姿が楽しめます。

また、世田谷区若林の世田谷線松陰神社前駅から若林駅間の線路沿いにある

「若林あじさい公園」は、100平方メートルほどの小さな公園ですが、

初夏にはたくさんのアジサイが花を咲かせるそうです。

ご近所の方は、お散歩コースにいかがでしょうか?

最後に、京王井の頭線に乗る機会がある方には、

「京王井の頭線の東松原駅のホーム」も人気があるそうです。

アジサイに包まれた駅といわれ、駅に咲くアジサイのライトアップを

はじめたことが密かに語り継がれ、

いつの間にか梅雨時の風物詩として人気を博する程になりました。

改札を通らないと見れない場所ですが、

井の頭線に乗る機会があれば東松原駅で途中下車もおすすめです。

ライトアップされているのは、渋谷方面行きの線路脇でホームで、

電車を待つ間や降りた後ライトアップされたアジサイを楽しむことができます。

梅雨の雨に濡れても、初夏の太陽に照らされても

華やかな姿を見せてくれるアジサイを見て楽しみたいですね。

 

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!