かき氷の日

かき氷の日

キーンと冷たいかき氷がたまらなくおいしい季節がやってきました。

7月25日はかき氷の日。

“かき氷の日”の由来

ところで、なぜ7月25日がかき氷の日になったのかご存知ですか?

かき氷は別名“夏氷”とも呼ばれ、そこから7(な)2(ツー)5(ご)おり、

という語呂あわせだったんです。

またもうひとつ、1933年7月25日に当時の日本最高気温記録が記録されたこともあわせて

日本かき氷協会によって制定されました。

ちなみに、7月25日は“知覚過敏の日”でもあります。

これは逆に、知覚過敏で歯にしみる冷たいものの代表、かき氷の日にちなんで制定されたもの。

 

かき氷いうと縁日でおじさんがシロップをかけてくれる紙コップ入りのものや、

スーパーなんかで売ってるプラスチックカップ入りのものがおなじみですね。

これが九州のほうに行くと、

なんと袋詰めのかき氷を売ってたりします。

 

最近では各社コンビニの特色を出したかき氷を販売してますね!!

「抹茶練乳氷」、抹茶味の氷と練乳を組み合わせた、“宇治時雨”や、

キャラメルソースとナッツたっぷりの「キャラメル氷」。

専門店で出されるような、さらっ、ふわっとした氷を楽しめる様です!!

日頃アイスクリーム派の方も、今日は

かき氷!!

いかがですか♪♪

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!