おはぎとぼたもち

『おはぎ』と『ぼたもち』

もうすぐお彼岸ですね。お彼岸には『ぼたもち』をお供えしますが、

皆さま、『おはぎ』『ぼたもち』の違い分かりますか???

それは…「おはぎもぼたもちも食べ物自体は同じだそうです。

炊いたもち米を丸めたものに、小豆で作ったあんこを付けた物のことを

おはぎやぼたもちと呼んでいる」とのことです。

古くから日本では「赤い色」には魔よけの効果があると信じられてきました。

その「赤い小豆」を使ったおはぎやぼたもちは、

邪気を払う食べ物として先祖の供養のため、

お盆やお彼岸の時期に食べられてきました。

もともと大きさの違いがきっかけで二つの名前が生まれたらしい。

おはぎは小さいもの、ぼたもちは大きいものを指す言葉だったそうです。

そして、おはぎは「萩の花」ぼたもちは「牡丹の花」

からついた名前だそうで、

おはぎは「小豆の散らばった様子が萩の花が散って地面に落ちた様子に似ている」

ことから「萩の餅」と呼ばれるようになりました。

そして、中でも小さく上品につくられた「萩に餅」の事を

丁寧な言葉遣いで「お萩」と呼ぶようになりました。

萩の花が咲くのは「秋」。

次第に秋のお彼岸に食べるものの事を「おはぎ」と呼ぶようになっていきました。

「ぼたもち」は中でも大きな萩の餅のことを指します。

かつて日本では小豆は高級品だったため、

おはぎが食べられるのは年に数回だけで、

集まった人達に振る舞うおもてなしとして「萩のお餅」を大きく作るようになり、

これを大きく華やかな牡丹の花にたとえました。

牡丹の花が咲くのは春。

次第に春のお彼岸に食べるものを「ぼたもち」と呼ぶようになっていきました。

今では、どちらの言葉も厳密な線引きなく使われているそうです。

おはぎが、食べたくなりましたね…。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ

、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!