「伝える」→「伝わる」

コミュニケーションは「双方向が大切」です。

コミュニケーションの中で、自分の考えを相手にわかりやすく伝える時ってあると思います。

 

わかりやすく伝える方法って、「結論から先にいう」「大切なことを大きな声でゆっくりと話す」「ジェスチャーを使う」など。。。

でも、これは「伝える」だけであって、相手が理解できようができまいが「伝える」という目的だけが果たせているということになります。

 

コミュニケーションというのは、相手に「伝わる」ことで成立するものであって、「伝える」という一方通行なものでは意味がなくなってしまうということなんですね。

 

冒頭にもあります、「コミュニケーションは双方向が大切」なのです。

相手が、理解できた→「伝わる」です。

「伝える」を「伝わる」に変えること。

「伝える」の主語って「私」です。「伝わる」の主語は「あなた」なんです。

 

自分自身だけではなく、相手のことも考えていくこと。

要は、双方が理解できるためには「ラポール=信頼関係」が大切なのです。

無理に伝えることはしなくていいんです。

 

先ずは、自分自身を知ってもらい、相手も知る。

そこからスタートでいいんです。きっとゆっくりですが自然と互いが伝わるようになってきます。

「あむ」は「伝わること」「信頼関係」を大切にしています。

 

お話をする為にも、看護をする為にもまずは一緒に、ゆっくり「伝わる」へ進んでいく。

そうじゃないと、急ぎすぎてしまって失敗につながります。

 

ゆっくり、確実に・・・。それが「あむ」の精神科訪問看護です。

コミュニケーションも奥が深い・・・。でも意外とシンプルなのかもしれませんね。

あむ訪問看護ステーションでは「ご新規様受付中」です!!

世田谷区全域をはじめ、調布・狛江・三鷹エリアも受け付けております!!

「あむ」の精神科訪問看護を幅広く届けたい・・・。

 

不安なこと、困っていること・・・。「あむ」にお話ししてみませんか?

お気軽にご連絡ください!!

新規ご依頼はこちら!!(地域連携直通)

代表番号はこちら!!

ご利用者様の声はこちら!!

地域連携広報室はこちら!!