「あむ」のご案内

Amu.あむ株式会社とは?

「Amu.あむ」は、精神障害者の方々へのトータルケアを目指し、ご利用者様が地域で安心して、

その人らしく過ごすことができるよう地域貢献を行う会社です。

保健師・看護師・准看護師・作業療法士・精神保健福祉士・ケアマネージャーなど、

様々な職種が在籍しており、それぞれの専門的な視点での援助を行っています。

この精神領域に特化した、専門的なケアにより、質の高いサービスの提供を行うことができます。

 

Amu~の由来

あむの「Amu」は、【A】と【Mu】に分かれます。

Aは~Affection:愛情という意味を持ちます。

Muは~Munificient:寛大という意味を持ちます。

寛大な愛情のあるサービスを精神障害のある方々へ届けたいという理念と方針のもと、

Amuはサービスの提供を行っております。

 

rapport:ラポール(信頼関係の構築)を大切に

あむの「寛大な愛情のあるサービス」の提供には、

【rapport】が必要不可欠であると考えています。

その為に、「伝える」を「伝わる」に変えるサービスを常に考えて行動しています。

「伝える」は一方通行であり、

「伝える」は双方です。

サービス提供者=ご利用者様が双方に伝わるサービスこそ精神障害の方々へ、

質のある援助となると考えております。

又、あむのスタッフ間の連携や地域との連携にも、「伝わる」連携を常に心がけております。

 

Amu.あむのサービス内容

「あむ」では、【精神科訪問看護】と【精神障害者グループホーム】があります。

今後は、精神障害の方々へのトータルケアをもとに、様々なサービスの展開を目指しております。

沢山の方々へ、「あむ」を届けたいという思いから、その人に必要なサービスを心がけております。

以下に、サービスの内容を記載いたしますのでご確認下さい。

 

 

Amu.あむ訪問看護ステーション(精神科訪問看護)

精神科訪問看護では、世田谷エリア・調布エリア・その他エリア(ご相談ください)での提供が、

可能であり、又、精神保健福祉士も在籍しているので、調整や相談なども行うことができます。

作業療法士も在籍しておりますので、訪問リハビリにも対応しております。

 

Amu.あむ訪問看護ステーションの詳細はこちら

 

 

Amu.あむハウス(精神障害者グループホーム)

精神障害者グループホームでは、精神障害のある方々への社会参加を目的に住まい(1R)を提供し、

自立へのサポートを行うサービスです。

Amu.あむ訪問看護のサービスもあり、看護の観点からのサポートもあり、質のある、幅広い援助のもと、

生活の自信がつき、独り立ちへと進んでいくことができます。

 

Amu.あむハウスの詳細はこちら

 

 

Amuの働きやすさ

「あむ」では、スタッフの働きやすさも、サービスの質の向上となると考えており。

常に働きやすさの改善に努めております。

スタッフ個々が、そのサービスの提供に集中できる環境作りを目指し、

楽しく、仕事ができる工夫を行っている会社です。

 

職員の募集はこちら